お笑い芸人・まいける

10年以上前にブレークし、その後表舞台から消えたダンサーでお笑い芸人のまいけるさん(旧表記=マイケル 本名=立花秀樹 45歳)が、現在どのような活動をしているのか夕刊紙『日刊ゲンダイ』が報じ注目を集めています。

まいけるさんは1990年にミュージカルに出演し、その後は吉本興業初の男性アイドルグループ『MAM(マム)』のメンバーとしてデビューを果たしたものの、人気が出ずに1992年に解散。

グループ解散後は吉本新喜劇のCM、大物アーティスト(TRF、荻野目洋子さん、サザンオールスターズ等)のバックダンサー、振り付け(デビュー前のSPEED等)などを行い、2000年にエンターテイメント集団『TOKYO JAM COMPANY』のメンバーとなり、2001年から幼児向け音楽番組『うたっておどろんぱ』(NHK Eテレ)にレギュラー出演。

<↓の画像が、『うたっておどろんぱ』出演当時のまいけるさん(右)の写真>

『うたっておどろんぱ』出演当時のまいける「うたっておどろんぱ」の画像検索結果

同時期から芸人「マイケル」としての活動も行っており、ネタのオチなどに「~マイケル♪」と付ける芸風で徐々に人気を集め、『エンタの神様』(日本テレビ系)などのバラエティ番組、『日曜スタジオパーク』(NHK総合)などにもレギュラー出演していた時期がありました。

 

その時の画像は次のページ↓↓