風見しんごの長女を轢き殺した事故で事故を起こした犯人は報道されませんでした。

その理由は大手スポンサーだったと判明しました。

 

ネットの反応

「可愛そうだなぁ…」

「最近よくTV出てるけど、何だか見てて痛々しい。」

「被害者は全く非がないな。二年は少なすぎる」

えみるさんは横断歩道を青信号で渡っていたのにわき見か居眠り運転で事故にあっています。

事故の詳細が生々しい…

2007年1月17日、当時10歳の風見慎吾さんの長女(えみる)が通学時、
3トントラックにはねられ、病院に搬送された後、死亡した事故がありました。
その詳細を綴った内容の一部がこちらです。
荒々しく部屋のドアが開く音と同時に妻の叫ぶ声がした。
「えみる!事故!えみる!」
ご近所の方が知らせに来てくれていた。
「気をしっかり持って下さい!」

何の事だか、意味がさっぱりわからなかった。

妻と共に事故が起きたというその横断歩道へ向かって走る僕の脳裏に浮かんだのは、手か足を折って、傷口から流れる血を押さえながら道端にへたりこんで大泣きしているえみるの姿だった。
(かわいそうに…。痛がってるかな。「大丈夫だよ」って抱きしめてやらなくちゃ)

交差点までの距離は150メートル。100メートルほど直線道路を走り、角を曲がったとたん、現場の交差点の中に1台の大きなトラックが止まっているのが見えた。
どうやらえみるはあのトラックにはねられたらしい。

僕は反射的にどこかで泣いているはずのえみるを探した。だが、えみるの姿はどこにもない。

誰かに教えられたのか、そのへんの記憶はあいまいなのだが、なぜだか僕は必死になってトラックの下をのぞき込んでいた。

 

衝撃の真実は次へ↓↓↓