総視聴数7200万を超える大反響となったAbemaTV「72時間ホンネテレビ」様々な憶測が話題

 

数々の話題を振りまいた「72時間ホンネテレビ」

 

元SMAPの稲垣吾郎(43)、草ナギ剛(43)、香取慎吾(40)がインターネットテレビ局AbemaTVの「72時間ホンネテレビ」の72時間生放送を“完走”した。

2日午後9時から始まった同番組は総視聴数7200万を超える大反響となった。

Twitterトレンドに入った番組関連のワードは107件を超えたことが発表された。

フィナーレでは元メンバーの森且行さんのメッセージが紹介された。

森くんのメッセージの時ワイプ見たらみんな涙ぐんでるなあとは思ったけどゴローちゃんここまで泣いてるとは思わなかった 感慨深い気持ちになった #フィナーレは72曲ライブ #ホンネテレビ #草彅剛 #香取慎吾 #稲垣吾郎 #森且行pic.twitter.com/6NkEcPf1CJ

ビデオレターで久しぶりの再会に「とてもうれしかった」と笑顔。「これからも、ずっとずっと仲間だから。応援しています」と3人の再出発にエールを送った。

「今までだったら、泣く所も3人なのでぐっとこらえて、前に進んで行きたい」と話したが、目にいっぱい涙をためていた。

独立騒動以来2年に及ぶ大変な困難と、それをなんとか乗り越えてここまできた自分たちへの満足感というのが大きかったのではないだろうか。

そんな「72時間ホンネテレビ」最終日に様々な憶測が

次へ↓ ↓ ↓