白戸家(しらとけ、ホワイトけ)は、ソフトバンクのCMに登場する架空の家族である。
softbank_shiratoke-10th

「予想外な家族」のコンセプトのもと、不条理さと親しみやすさを併せ持つストーリー展開と、芸能人のみならずスポーツ選手や文化人などさまざまなジャンルのほか、旬の人物から懐かしのスター、時にはハリウッドの大物まで幅広いゲスト出演者が話題となり、CM総合研究所(株式会社東京企画)によるCM好感度調査では「SMAP」シリーズと併せた『SoftBank』ブランドとして初登場以来常に上位に位置し、年間ランキング「BRAND OF THE YEAR」においては2007年から2014年まで8年連続首位を獲得した。
 
開始当初、CMは3か月間の1本切りで、お父さんも人間で家族構成されていた。SBM・孫正義社長の要望によりCMに犬を使うことになるが、尺として入らなくなるために急遽家族の1人を犬にすることになり、お父さんが犬になった。それが評判となり、現在まで続くCMとなる。
 
「白戸」のネーミングは、出演者の1人である上戸彩の苗字と、「ホワイトプラン」を掛けたもので、正式な読み方は「しらとけ」であるが、「白戸家」は「ホワイト家族24」と掛かっており、「ほわいとけ」とも読めるようなダブル・ミーニング表現となっている。
 
wiki

 

62: 2017/11/08(水) 21:26:59.06 ID:Hu8YFGN00
>>1 
このCMが好きだという人に会ったことも聞いたこともない

 

2: 2017/11/08(水) 18:30:35.10 ID:i5OJFZwJO
きもちわるい
 
 
次へ↓ ↓ ↓