原作漫画は新聞連載の4コマ漫画である(ただし、「別冊サザエさん」は5ページほどのショートストーリー漫画)。西日本新聞社から独立したフクニチ新聞社の整理部長牟田口宗一郎が長谷川に福岡地方新聞夕刊フクニチ』誌上での連載を依頼。1946年(昭和21年)4月22日から連載を始めたが、長谷川が東京へ引越しするために連載を打ち切った。連載開始当初は、台詞カタカナで書かれていた。漫画の舞台は博多で、サザエは独身だったが、連載を打ち切る時にサザエがマスオと結婚している(福岡時代の最終回とみられる回のオチの部分が、小さいながらも『サザエさんうちあけ話』の作者の回想で描かれている)。長谷川の家族が東京桜新町へ引っ越した後は、『夕刊フクニチ』で連載を再開。舞台も東京へ移り、マスオが磯野家に同居する。

掲載紙は間もなく『新夕刊』(東京スポーツの源流となる夕刊紙)に移り、『夕刊朝日新聞』(『朝日新聞』本紙とは別扱の新興紙)を経て、1951年(昭和26年)4月16日からは『朝日新聞』の朝刊に移る。途中、長谷川の病気が理由で1951年(昭和26年)11月7日から11月14日まで休載されたが、11月15日に連載を再開、また、1953年(昭和28年)1月16日にも健康上の理由から同年3月31日まで休載されたが、4月1日に再び連載を再開。その後はほぼ無休で連載が続いたが、1973年(昭和48年)になると毎週月曜日の定期休載に加えて短期の休みが多くなり(7月15日から8月9日9月5日から9月9日など。理由はすべて「作者病気のため」)、1974年(昭和49年)2月21日をもって休載に入るが[1]、その後は連載が再開されることはなかった。話数は6477話に及んだ。

国民的アニメとして、日曜日の6時半を独占している「サザエさん」

そのアットホームな作風や、フワフワしている世界感がウケ、いまなお人気である。

そんな国民的アニメサザエさんは、過去に1度だけ苦情が殺到したことがあるのをご存知だろうか?

あんなユルイアニメのどこに文句が?と思ってしまいそうだが、意外なシーンが話題を呼んだのだ。

そのシーンというのが「マスオとサザエの部屋」

 

 

次へ↓ ↓ ↓