高樹は08年に本名の「益戸育江」に改名。女優であるとともに「ナチュラリスト」を名乗り、都会から離れてエコロジーなスローライフを送っていた。
最近はテレビで姿を見ることもほとんどなくなっていた高樹だが、そこには誰もが知る人気ドラマとの“因縁”が深く関係していた。

2012年7月「大麻草検証委員会」の幹事として活動に参加すると表明、それが大バッシングを呼ぶこととなる。某週刊誌には「大麻研究家との“新婚生活”!」「大麻吸引も」などと報道される。

各テレビ局でも「高樹が逮捕されたら、出演した分が放送できなくなる」とささやかれ、親しくしていたスタッフからも敬遠。「大麻女優」と陰口を叩かれるように。人との交わりを断って芸能界を引退。その年の10月には、逃げるように石垣島へ移住したという。

高樹は12年に出演中の『相棒』を突如降板しました。理由は、前年に石垣島への移住で撮影への参加が困難になったから。身勝手な降板で不興を買って以後、女優としての活動はほとんど見られなくなります。

それまで千葉県・南房総市に居を構えていた高樹は、11年の東日本大震災後、放射能の影響を極端に気にするようになり、それが石垣島への移住に繋がったようだ。
大麻の研究家と不倫関係にあり、その人と石垣島に移住したという噂もある。

日本のお笑いタレント。
1990年代に入ってから東京に進出し、「笑っていいとも!」や「夢がMORIMORI」等レギュラー番組やドラマに出演したが、1999年に関西圏へ戻る。
趣味はマラソン。

人気絶頂だった頃、森脇さんは態度がものすごく大きく、スタッフや出演者の方達に嫌われてしまったようです。
なんとあの「世界ふしぎ発見」で、超大物タレントに対して、「ばばあ」呼ばわりしたらしい・・・

黒柳徹子さんのことでしょう。

森脇は率先して、網の上に隙間無く肉を並べ「どんどん食え~」と大声をあげていた。
それを見たタモリが突如、激怒したのだ。その怒りは凄まじく、その場にいたスタッフ全員が凍り付いたという。

流れ作業的に食べさせるような、ビッシリと肉を並べた焼き方が許せなかったと言われている。

ダウンタウンの番組「ガキの使いやあらへんで」の企画で、「面白くない芸人は誰だ!?」という企画があった際に、回答者が全員「森脇健児!」と即答した。

森脇さんはプライドが高いのか、「ダウンタウンとは共演しない」と言い放ったそうで、テレビ関係者から見れば、森脇さんは厄介な人間と見られたのかもしれません。