宇宙に打ち上げた小型カメラを2年後に発見した!

そのカメラに残っていた映像に鳥肌が止まらない…。

 

宇宙を旅した小型カメラに映っていたものとは!?

スタンフォード大学の学生たちが、通信機を取り付けた状態で観測気球を打ち上げました。

打ち上げてから1時間27分後、高度30kmに到達した時点で気球が破裂したのです。

装着したカメラは通信が届かない場所に落下してしまいました。

カメラが行方不明になってしまって、彼らはこの貴重な映像を見ることができず、悔しい思いをしたことでしょう。

しかし…

この気球に装着されたカメラが、2年後に偶然発見されたのです。

続く↓↓