炎上学者・古市憲寿氏の「賞味期限切れ」を指摘する声

11月12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿氏と女優の佐藤仁美が一触即発の状態となり、話題になった。

この日の放送では、来年9月に引退する安室奈美恵について取り上げ、熱心な安室ファンだという佐藤が「すごい実力の持ち主と」と語ると、古市氏は「みんなが褒め過ぎな気もしていて。ベスト盤、確かによかったんですけど、昔の曲を全部歌い直しているんですね。歌い直した曲、正直、昔の方がいいなと思った曲もあるんです。音の伸びとか高音とか歌い方とか。それもひっくるめてちゃんと評価されないと、逆に本人もつらいのかなという気もします」と持論を展開した。

番組の最後にはイラ立った佐藤が「こいつマジ何なんですか? 多分、友だちいないでしょあんた。こんなに思いやりのない人間、久々」と激昂し、スタジオの笑いを誘った。

古市氏はその歯に衣着せぬ発言が連日のように話題となっており、いまやコメンテーターとして多くの番組に出演している。しかし最近では、“炎上コメント”がますます増えてきており、インターネット上では《いいかげんウザい!》、《もう古市のわざとらしい炎上狙いは飽きた》などと投稿され、批判的な声が広がっている。

次へ↓ ↓ ↓