清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 – )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手内野手、右投右打)、野球評論家タレント甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。血液型B型

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/02/10(水) 05:31:21.09 ID:P/EOLEdga.net

kiyo

清原容疑者「シャブならあるで」 ASKAと衝撃接点も!

覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)と、2014年9月に覚醒剤取締法違反罪などで有罪判決を受けた歌手のASKA(57)に奇妙な接点があった!! 清原容疑者は周囲に「クスリはやってない」とうそぶく一方で、六本木のキャバクラ嬢などに「シャブならあるで」と悪びれる様子もなく明かし、“関係”を迫っていたという。しかも女性だけでは物足りず、清原容疑者はニューハーフにも触手。以前に清原容疑者とASKAは、ニューハーフヘルスのナンバーワンとナンバー2を指名し合っていたというのだ。

「彼がニューハーフもイケるのは、有名な話ですよ」とは芸能関係者。

 清原容疑者はその世界ではイケメン芸能人をしのぐ人気者。本人もそれを承知の上で、何年も前からニューハーフ経営の飲食店に出入りしていた。

「清原逮捕」のニュースに全く動じなかったのは、地元大阪にあるニューハーフ店の従業員。よく知る関係者は「清原さんは親しい格闘家や、一見してその筋とわかるコワモテ男性とよく飲み歩いていました。その際、繁華街にあるニューハーフ店に立ち寄ることもあった」と話す。

 その店の従業員の間で清原容疑者が覚醒剤をやっていたことは有名な話で「店の子は5人以上、滞在先のホテルに“お持ち帰り”されているそうで、関係者が『うちの子が清原とキメセク(シャブセ○クス)して大変だった』とこぼしていた。乱交になることもあったようだ」(同)という。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/504258/

 

 

 

↓↓↓ネットの反応が面白い↓↓↓