佐々木 健介(ささき けんすけ、1966年8月4日 – )は、日本の元プロレスラー、男性タレント。本名同じ。福岡県福岡市南区出身。東福岡高校卒業。

IWGPヘビー級王座、三冠ヘビー級王座、GHCヘビー級王座と合わせて、至上初のメジャー3大シングル・タイトルを戴冠する快挙を成し遂げた。

2014年2月13日、現役引退を発表し、28年のプロレス生活にピリオドを打った[1]。 健介オフィス所属で主にタレント活動を行っている。妻は全日本女子プロレス出身の元プロレスラーで健介オフィス代表取締役の北斗晶(佐々木久子)。

 

 

北斗 晶(ほくと あきら、1967年7月13日 – )は、日本の元女子プロレスラー、タレント、実業家、女優、芸能プロモーター。本名、佐々木 久子(ささき ひさこ)旧姓・旧リングネーム、宇野 久子(うの ひさこ)。埼玉県北葛飾郡吉川町(現:吉川市)出身で、2015年現在も同市在住。血液型はO型。2男の母。70kg(2014年7月時点)。

現在は、男子プロレスラー佐々木健介の妻であり、マネージャーでありセコンドであり、健介オフィス代表取締役でもある。愛称は、本名の久子に由来してチャコ。リングネームの由来は『ウルトラマンA』の北斗星司[1][2]尊敬していた男子レスラー前田日明の名前から[3]。レスラーとしての愛称はデンジャラス・クイーン。レスラー引退後は、鬼嫁の愛称で知られる。

尚、現役時代は自称身長が169cmだったとの事でプロフィールなどの公表身長は170cmとしていたと後に語っている。

 

 

 

↓↓↓佐々木健介の現在とは!?↓↓↓