ws00007-5
日馬富士 公平(はるまふじ こうへい、1984年4月14日 – )は、モンゴル国ウランバートル市出身で伊勢ヶ濱部屋(入門時は安治川部屋)所属の現役大相撲力士、第70代横綱(2012年11月場所 – )。
8a2b72d5afebb0a47a517894d6486022
本名はダワーニャミーン・ビャンバドルジ(モンゴル語キリル文字表記:Даваанямын Бямбадорж、ラテン文字転写:Davaanyamyn Byambadorj )、愛称はアマ。2008年11月場所までの四股名は安馬 公平(あま こうへい)。「公平」の名は、自身が「日本の父」と慕う後援会長の小巻公平にちなんだ。
 
実際に生まれ育ったところはウランバートル市内であるが、取組前の場内アナウンスでは実父レグジーブーギーン・ダワーニャム(モンゴル語版)の出身地であるゴビ・アルタイ県を自身の出身地としている。身長186cm、体重137kg、血液型O型。得意手は突っ張り、右四つ、寄り、押し出し。インタビューの際の口癖は「お客さんを喜ばせる激しい相撲をとりたい」。好きな言葉は「全身全霊」「なんでやねん」。締め込みの色は、2017年現在は黒。
 
2014年4月より法政大学大学院政策創造研究科に入学し、史上初の大学院生横綱となった
11月29日、日本相撲協会による処分の決定を待たずして協会に引退届を提出。同日午後2時に福岡県太宰府市内で記者会見が行われ「貴ノ岩関にケガをさせたことに対し、横綱としての責任を感じた」と話し引退を表明した

20171130-OHT1I50007-T

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%A6%AC%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%85%AC%E5%B9%B3
 
 
次へ↓ ↓ ↓