喜んでもらうはずのサプライズ演出が信じられない結末を生んだ。誕生日が間近の夫を驚かせようと新妻が友人らと海岸に落とし穴を掘ったが、誤って夫婦ごと落下して共に窒息死。快く手を貸した友人たちも過失致死罪に問われる可能性があるというから、まさに悲劇である。

事故が起きたのは石川県かほく市大崎の海岸。県警津幡署によると27日午後10時45分ごろ、金沢市湖陽の会社員、出村裕樹さん(23)と妻で事務員、里沙さん(23)が掘られた砂浜の穴に転落したと消防に通報があった。駆け付けた救急隊員が2人を引き上げ、病院に搬送したが、死亡が確認された。

転落は27日午後10時ごろだったが、仲間らが救出作業を優先させるなどしたため通報が遅れ、夫妻が引き上げられるまでには2時間近く経過。同署によると、穴は約2・4メートル四方で深さは約2・5メートル。死因は頭から砂に埋まったことによる窒息死とみられる。

9月1日に誕生日を迎える夫の裕樹さんを驚かせようと、里沙さんが27日昼ごろから友人5、6人とスコップやはしごで落とし穴を掘り、ブルーシートで覆って、上から砂をかけて位置が分からないようにしたという。

里沙さんはいったん、海岸から約9キロ離れた自宅に戻り、夫婦で夕食をとった後、午後10時前に裕樹さんを連れて穴のある場所に向かった。

深夜に加え、新月で明かりが乏しく、2人は誤って頭から落下。落ちる際の悲鳴を聞いて、現場近くでスタンバイしていた友人たちがかけ寄った。「発見されたとき、2人は穴の底で足を砂から出している状態だった」(同署関係者)

同署では詳しい状況を調べているが、友人たちは善意で手を貸したとしても、刑事罰を受けかねない状況だ。

日大名誉教授(刑事法)の板倉宏氏は「(痛めつける目的で)故意で行為に及んだというのなら20年以下の懲役の傷害致死罪になりかねませんが、状況から察するに過失致死罪が問われるかどうか。後者なら50万円以下の罰金になります」と話している。

 

↓↓ 衝撃のその後とは・・・!? ↓↓