泣く子も黙る関東連合元リーダー

2012年9月、「六本木クラブ襲撃事件」が発生しました。
関東連合元リーダー・石元太一被告は、
この事件で、懲役15年という判決を受けています。

六本木クラブ襲撃事件とは、2012年9月に六本木にある、
クラブ「フラワー」で飲食店経営者が撲殺された事件です。

 
2013年12月16日、事件の張本人として、
懲役22年の求刑をされ、東京地裁が、
懲役11年の実刑判決を言い渡しました。

 

その後、東京高裁が2014年12月18日、
一審判決を破棄し、懲役15年判決を言い渡しています。

 

2016年6月15日、最高裁判所は、石元被告の上告を棄却し、
懲役15年が確定しているのです。

 

 

 

↓↓↓どんだけやばいのか!?【動画あり】↓↓↓