亀田 大毅(かめだ だいき、1989年(昭和64年)1月6日 – )は、日本の男性元プロボクサー。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。第42代WBA世界フライ級王者。第25代IBF世界スーパーフライ級王者。世界2階級制覇王者。

亀田三兄弟の次男で、亀田興毅の弟であり、亀田和毅・亀田姫月の兄である。かつては父の亀田史郎がトレーナーを務めていた。

兄の興毅と違い、左フックを得意とする右ボクサーファイター[2]

 

 
 

2007年の内藤大助戦を前に、内藤をゴキブリ呼ばわりし物議をかもした揚句、試合中に反則を繰り返して敗戦となった。亀田三兄弟は2000年代前半から世界チャンピオンを目指す三兄弟としてマスコミからよく取り上げられ、注目の的となりバラエティー番組にも出演するなど人気急上昇となったが、一方で試合前のパフォーマンスや敬語を使わないスタイルや、亀田が強いと言われていることは対戦カードのマッチングで自分より格下の相手に勝ってるだけでそれほど強くないのではないかと一部で批判的な見方があった。そして、この反則騒動でこれまでの行いや非常識行動も取り沙汰されたこともあり、一気に世間からバッシングを浴びることになってしまった。

 
 

 
 

試合前のインタビューやお互いの罵り合いや挑発具合に

業を煮やした内藤大助は「ゴキブリに負けたらゴキブリ以下」と言い放ち

亀田家を挑発し一触即発の空気を対決リング前からピリピリムードで対戦しましたが・・

その対戦を見た人はわかると思いますが・・・

亀田大毅の反則があまりにも酷すぎて内藤大助の勝ちで終了

 
 

今年11月3日に引退した亀田大毅が途中から参加。引退後のテレビ初登場となる。派手なパフォーマンスで知られる大毅だが、「子供のころはボクシングが好きになれなかった。観に行ってもほとんど寝てた。(お客さんが)こんな大金出して見に行くのか?」と思ったようだが、いざプロになり「そこで何が出来るのか?と思って歌を歌った」「お客さんに少しでも楽しんでもらいたかった」とパフォーマンスの真意について明かした。また、今後何をするのかを聞かれた大毅は、「ボクシングを辞めてやっぱり戻るというボクサーが多い。とりあえず本とかもいっぱい読みたいしピアノも弾きたいし」と意外な一面を見せた。

2015年11月4日、患っていた左目の網膜剥離のため引退した。手術を3度受けたものの左目の視力は0.1までしか戻っていなかったという

 

 

引退後はなんとコンビニでアルバイト・・・!?次のページへ↓↓↓