1980年代頃から日本最大の暴走族「ブラックエンペラー」を中心に結成された関東連合。

 

近年、その関東連合OBらによる事件が多発し、中心メンバーである石元太一や川名毅らは逮捕されています。

 

関東連合と芸能人の関係や相関図について総まとめしましたのでご紹介します。

関東連合の相関図:関わった芸能人の総まとめ

 

関東連合

出典:https://twitter.com/

芸能界と関東連合は密接に関わっている

「芸能界は闇が深い」とは言われるものの、実際にどのように深いのかを詳しく語れる人は少ないでしょう。しかし、「市川海老蔵暴行事件」により関東連合の存在が一般的にも知られるようになり、その芸能界の裏側の実態が注目されるようになりました。

関東連合の人間と芸能人がどのように関わっているのか相関図について詳しくまとめたのでご紹介していきましょう。

 

暴走族は現在でも存在はしていますが、それでも一昔前に比べたら鳴りを潜めたように感じます。

 

その代わりに徒党を組んで暴力的な不法行為を働くチーマーやカラーギャングなどが台頭し、不良らは時代に合わせて姿を変え存在しています。

 

しかし、1970~80年代の暴走族全盛期に関東県で最大勢力を誇っていた多数の暴走族チームからなる関東連合も現代に合わせて姿を変え、不法行為を繰り返しています。

 

特に芸能界には密接な関係を持つ関東連合ですが、裏社会ではどのような相関図が出来上がっているのか総まとめしました。

 

 

ヤクザでもない”半グレ集団”・関東連合とは?

 

関東連合

出典:https://twitter.com/

現在”半グレ”と呼ばれる関東連合OBは1980年代前後のメンバー

2010年に起きた「市川海老蔵暴行事件」により関東連合の名前は一般人にも知られるようになり、ネットでは闇社会のネタとして注目されました。関東連合は1973年にブラックエンペラーが中心となって関東圏の暴走族を統合する形で結成された暴走族の連合隊です。

 

暴走族の最盛期と言われた1970年代に入り、当時関東圏で最大勢力を誇っていた『ブラックエンペラー』を中心として、『マッドスペシャル』、『上町小次郎』、『鬼面党』など力のある暴走族が結集して誕生したのが「関東連合」です。

 

当時の関東連合メンバーは2,000人以上を擁する巨大組織の暴走族で、総本部を新宿区に置いていました。

 

改正暴力団対策法や暴力団排除条例が施行される中で暴力団の影響力が弱まり、台頭してきたのが「関東連合」とも言われ、”暴力団ではないが暴力的な不法行為をする集団”として「半グレ」と呼ばれるようになりました。

 

しかし、現在ネット上やメディアなどでよく言われる「関東連合」はこの頃暴れていた元リーダーたちを中心とするOBメンバーです。

 

 

宇梶剛士

出典:https://i.ytimg.com/

宇梶剛士はまだ健全(?)だった頃の暴走族

芸能界最強と呼ばれ、「関東連合卍ブラックエンペラー 第7代目名誉総長」を務めていた俳優の宇梶剛士さんは、現在言われる”関東連合OB”のメンバーらに比べると暴走族らしい暴走族だったと言えます。

 

後に宇梶剛士さんについて紹介しますが、三多摩国立総本部を任される「関東連合卍ブラックエンペラー 第7代目名誉総長」をしていましたが、現在の関東連合OBメンバーらがしたような襲撃による殺人事件などを起こす半グレではありませんでした。

 

 

関東連合は1980年代あたりからアメリカのストリートギャングに影響されて出現した「チーマー」が増えたことで暴走族の勢いは衰え、関東連合も次第に鳴りを潜めるようになっていきます。

 

しかし、関東連合に所属していた暴走族チームである「小次郎」が関東連合の再興を企画し、「関東連合上町小次郎」を名乗り始めたところ、同じ関東連合所属だった暴走族チームらも関東連合を名乗り始めたことで再び隆盛することになります。

 

結果、1990年代に入ると関東連合はチーマーを暴力的抗争で制圧し、渋谷を皮切りに六本木にも進出していきました。

 

さらに制圧したチーマーやイベントサークルなどの不良少年らの後ろ盾となった関東連合は、六本木ヒルズに居を構える”ヒルズ族・ネオヒルズ族”と呼ばれる実業家らとも関係を持つようになり、ビジネス面でも大きな収入を得るようになっていきました。

 

関東連合OBの中には数億円、数十億円の資産を持つメンバーもいるという。

 

次へ↓ ↓ ↓