イケメン俳優として近年頭角を現している工藤阿須加さんですが、元プロ野球選手の工藤公康さんの息子として有名な人物だったりもします。

 

この記事では、工藤阿須加さんの家族情報や彼女の情報などに関してまとめてみました。

工藤阿須加のプロフィール

 

出典:http://www.netanetacatch.com

名前:工藤阿須加(くどう あすか)
本名:工藤阿須加(くどう あすか)
出身地:埼玉県所沢市
生年月日:1991年8月1日
学歴:東京農業大学卒業
身長:180cm
デビュー時期:2012年
所属事務所:株式会社パパドゥ

 

大学在学中の2012年に、連続ドラマ「理想の息子」にて芸能界デビューを果たした工藤阿須加さん。続く2013年には、大河ドラマ「八重の桜」に山本三郎役で出演するなど、順調な滑り出しを見せます。

 

現在のところは、主役を演じるよりは主要キャストを演じる機会の方が多い工藤さんですが、仕事量が多い若手俳優の1人です。2017年で役者デビュー6年目となる工藤さんは、現在までに23本のドラマと9本の映画に出演しています。

 

そんな工藤さんの代表作には、朝の連続テレビ小説「あさが来た」の東柳啓介役や連続ドラマ「家売るオンナ」の庭野聖司役などが挙げられます。

 

 

工藤阿須加の家族情報!

父親はソフトバンク・ホークス監督の工藤公康!

出典:http://tk.ismcdn.jp

売れっ子俳優である工藤阿須加さんですが、世間的にはまだまだ父親である元プロ野球選手・工藤公康(きみやす)さんの息子という印象が強い状態ですね。

 

工藤阿須加さんの父親が、西武ライオンズやソフトバンク・ホークスなどで活躍をした元プロ野球選手の工藤公康(きみやす)さんであることは有名な話です。

 

公康さんのプロ通算成績は、「224勝 2859奪三振 防御率3.45」というプロ野球史に残る活躍ぶりでした。タイトルに関しては、最優秀防御率を4回、最多奪三振を3回の他、シーズンMVPも2回獲得しています。

 

プロ通算成績だけでも凄い公康さんですが、それ以上に凄かったのは、プロ野球での現役年数となります。プロ野球選手の平均選手寿命が9年と言われている中で、公康さんの現役年数は29年にも及びました。

 

選手として超1流だった公康さんですが、指導者としての才覚も高い人物でもあります。公康さんは、2015年よりソフトバンク・ホークスの監督に就任しており、就任早々の2015年に日本一に輝くなど、既に日本球界を代表する指導者となっております。

 

次へ↓ ↓ ↓