文人親王のお妃である紀子さま。現在も美人ですが、若い頃から美人と評判でした。ネット上でもたびたび話題になっています。そんな紀子さまですが、学生時代に堕胎したとネットなどで噂されています。今回はこれらについてまとめましたのでご紹介いたします。

紀子さまのプロフィール

文仁親王妃紀子

文仁親王妃紀子

続柄:川嶋辰彦第一女子
身位:親王妃(秋篠宮妃)
敬称:殿下
お印:檜扇菖蒲
出生:1966年9月11日(50歳)、静岡県静岡市
配偶者:秋篠宮文仁親王
子女:眞子内親王、佳子内親王、悠仁親王
父親:川嶋辰彦
母親:川嶋和代
役職:公益財団法人結核予防会総裁、恩賜財団母子愛育会総裁、日本赤十字社名誉副総裁

1990年(平成2年)6月29日(23歳)、礼宮文仁親王と結婚。これに伴い戸籍から消除され、皇族譜に記載される。
1991年(平成3年)10月23日(25歳)、眞子内親王を出産。
1994年(平成6年)12月29日(28歳)、佳子内親王を出産。
1995年(平成7年)(28歳)、学習院大学大学院・人文科学研究科心理学専攻博士前期課程を修了
2006年(平成18年)9月6日(39歳)、悠仁親王を出産。
2009年(平成21年)4月(42歳)、日本学術振興会の名誉特別研究員となり、お茶の水女子大学で研究活動を再開する。
2013年(平成25年)3月(46歳)、お茶の水女子大学から博士(人文科学)の学位を授与される。

 

ネットでも美人と話題の紀子さま・・・

過去の画像は次のページへ↓↓