D8anamESTgMEDPA_AcHfB_55
眞子内親王(まこないしんのう、1991年(平成3年)10月23日 – )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子。今上天皇の孫にあたる。身位は内親王。

眞子内親王

皇室典範における敬称は殿下。成年に伴い、宝冠大綬章受章(旧勲等では勲1等宝冠章に相当)。学位は学士(教養)(国際基督教大学)。お印は木香茨(もっこうばら)。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。

61a9c6fe

003

 

2010年(平成22年)4月 国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科に入学。皇族の同大学への入学は初となる。雪面滑走競技部に入部
2011年(平成23年)10月23日、成年を迎え、宝冠大綬章を授与された。
2014年(平成26年)3月 国際基督教大学教養学部を卒業し学士(教養)の学位を修得
2014年(平成26年)9月 レスター大学大学院博物館学研究科入学
2015年(平成27年) 9月 レスター大学大学院修了。
2015年(平成27年) 10月 日本テニス協会名誉総裁に就任。
 
wiki
2017年(平成29年)9月3日午後3時より、東京・元赤坂の赤坂東邸で婚約内定会見が執り行われた

no title

no title

com

53c5fdee

 
 
 
次へ↓ ↓ ↓