Dollarphotoclub_71513507

昭和史でNo. 1に闇の深い事件といえば

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1452597225/

1:  2016/01/12(火)20:13:45 ID:d3K

なんになるんやろ、御巣鷹山か? 

2c9135c2

日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985 年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-100(ジャンボジェット、機体 記号JA8119、製造番号20783)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した航空事故である。

運輸省航空事故調査委員会による事故調査報告書によると、乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、生存者(負傷者)は4名であった。死者数は日本国内で発生した航空機事故では2015年8月の時点で最多であり、墜落事故および単独機の航空事故でも世界最多である。

夕方のラッシュ時とお盆の帰省ラッシュが重なったことなどにより、著名人を含む多くの犠牲者を出し、社会全体に大きな衝撃を与えた。特にこの事故を指して『日航機墜落事故』『日航ジャンボ機墜落事故』と呼ばれることもある。
1987年(昭和62年)6月19日に航空事故調査委員会が公表した報告書では、同機が1978年(昭和53年)6月2日に伊丹空港で起こしたしりもち着陸事故後の、ボーイング社の修理が不適切だったことによる圧力隔壁の破損が事故原因とされている。これをもって公式な原因調査は終了している。航空関係者や遺族などの一部からは再調査を求める声があるが、現在に至るまで行われていない。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%88%aa%e7%a9%ba123%e4%be%bf%e5%a2%9c%e8%90%bd%e4%ba%8b%e6%95%85

2: 2016/01/12(火)20:14:30 ID:2HN

津山 
1344781705-2014006628

津山三十人殺し(つやまさんじゅうにんごろし)は、1938年(昭和13年)5月21日未明に岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾・坂元両集落で発生した大量殺人事件。犯人の姓名を取って都井睦雄事件ともいう。

津山市など近隣地域では「加茂の三十人殺し」と呼ばれている(または死者の数に尾ひれがつき水増しされ「三十二人殺し」「三十三人殺し」また「三十六人殺し」とも呼ばれる事がある)

2時間足らずで28名が即死し、5名が重軽傷を負う(そのうち12時間後までに2名が死亡)という、犠牲者数がオウム真理教事件(27名)をも上回る日本の犯罪史上前代未聞の殺戮事件である。 事件は犯人の逮捕にはいたらず、現場から逃走した犯人の自殺で幕を閉じた。
Tsuyama_Massacre_victims

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e6%b4%a5%e5%b1%b1%e4%ba%8b%e4%bb%b6

 
 
 
次へ↓ ↓ ↓