eye

コスホリック(通称コスホリ)といわれる露出の激しい過激な衣装のコスプレイベントが現代の性奴隷市場と話題に。

現代に残る性奴隷目的の人身売買

世界には古くから根拠のない格差から生み出された奴隷制度という文化があり、人を商品として扱う市場やオークション、いわゆる奴隷市場が存在した。男性が労働力である一方、女性の場合は性欲処理の道具として扱われた。いわゆる性奴隷であり、奴隷購入の手引書には『黒人女性は臭いので性的搾取のための女奴隷には向かない』という記述があり、女性奴隷が性欲処理前提の存在であることを示している。奴隷制度の廃止により、昔のように露骨に人を道具扱いすることはなくなったが、そのなごりは売春として姿を変え、現代に受け継がれている。 現代の日本で当たり前のように行われている売春。性奴隷目的の人身売買は風俗という売春を斡旋する店舗に姿を変え、今でも公的に行われている。もちろん、日本のみならず、世界各国で人身売買が非人道的行為として禁止されているのにも関わらず、売春という形で世界中で今現在も先進国、後進国関わらず、当たり前のように横行しているのだ。

 

 

 

1:

 
 
 
 
 
↓↓↓本当にこんなことが起こっているのか?(次のページへ)↓↓↓