上岡龍太郎という天才芸人の現在!引退理由は何だったのか?

上岡龍太郎という天才芸人の現在!引退理由は何だったのか?

上岡龍太郎は「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流。恵まれない天才」

上岡龍太郎が、「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流。恵まれない天才、私が上岡龍太郎です」という惹句とともに、大阪のテレビ業界を席巻し、2000年、まだ58歳の若さで、芸能界をすっぱりと引退して、早16年。慶弔事への出席や、オフレコとしてのいくつかの発言はあったものの、芸能界の表舞台に立つことは、引退から現在まで一度もありません。

上岡龍太郎は、1942年生まれで、現在74歳。1960年に、横山パンチという芸名で、故元大阪府知事であった横山ノック、横山フックとともに、漫画トリオを結成。トリオ漫才として一世を風靡しますが、リーダーの横山ノックが政治家に転進したことでトリオは解散し、横山パンチは上岡龍太郎として、ピン芸人の道を歩み始めます。

上岡龍太郎かねてより宣言していた芸能生活40周年での完全引退

上岡龍太郎は、やがて、流暢で歯に衣着せぬ司会ぶりが人気となりました。司会としては、横山ノックと再び組んだ関西テレビ「ノックは無用!」や、鶴瓶とのフリートークで爆発的人気を誇った読売テレビの「パペポTV」、あの直木賞作家、百田尚樹が構成をしていた朝日放送の「ラブアタック!」など、数々の人気番組に出演。さらに、現在も放映されている関西のお化け番組「探偵!ナイトスクープ」の初代局長として活躍した上岡龍太郎。

デビューから40年間、大阪のテレビ界のドンとして君臨します。しかし、上岡龍太郎は、かねてから番組で、「私は、芸能生活40周年を迎える2000年の春になったら完全に隠居する!」と公約していた通り、ものの見事に、芸能界を引退したのです。

 

次へ↓ ↓ ↓