沖田浩之事件の謎!家族を遺して死を選んだ理由とは?

 

沖田浩之の自殺事件の衝撃!死を選んだ理由とは?

沖田浩之が36歳で謎の自殺!原因究明の憶測が広まる

俳優の沖田浩之は、1980年代に社会現象を巻き起こした、原宿歩行者天国を闊歩した「竹の子族」から芸能界入りを果たしてから約20年後、わずか36歳で自殺してしまいました。この事件の前日、沖田浩之の所属事務所の代表でもあった俳優・津川雅彦は彼と酒を飲んでおり、役者としての悩みを打ち明けられましたが、厳しい言葉を返してしまったといいます。そのため、俳優業への絶望といった自殺原因を想像して報じるメディアが多く見られました。

その一方で、多額の借金を苦にした自殺説もありました。実家の父親は、神奈川県川崎市で不動産業を営んでおり、幼い頃の沖田浩之は、大変裕福に育ったそうです。しかし、堅実だった父親から、沖田浩之の兄に代替わりした後、バブル崩壊という時代の波に揉まれ、会社は業績不振の一途を辿ることに。父親は、沖田浩之が亡くなる3年前の1996年に、「俺の保険金で借金を返済してほしい」と言い残して自殺しています。

沖田浩之の借金自殺説を兄が完全否定!実は億単位の借金保証人になっていた!?

沖田浩之の借金自殺説については、マスコミに対して兄が完全否定しています。しかし、沖田浩之が父親から相続した実家や会社の建物には、総額で数億円の抵当権が設定されていました。その事実の確認を兄に求めたマスコミ関係者もいたようですが、「会社の負債と弟は一切関係ない」と揺らぐことはなかったそうです。兄もまた、沖田浩之の死から3年後の2002年に自殺してしまったため、真相は闇へと葬られてしまいました。

ところが、後に沖田浩之の親族が、「兄が、沖田浩之の葬儀の夜に、彼の自殺原因を涙ながらに語っていた」と証言。兄は、父から受け継いだ事業の拡大に乗り出し、失敗して抱えた借金の連帯保証人に沖田浩之を立てていたといいます。親族の話が真実だとすると、表向きには、「弟の名誉のため、借金苦による自殺ではないと断言する」としていましたが、弟に借金を背負わせた後ろめたさのほうが大きかったのかもしれません。

 

次へ↓ ↓ ↓