【衝撃】デーブスペクターの衝撃発言にスタジオ凍り付くwwwww

20130811-00010000-wordleaf-0

【芸能】デーブ・スペクター 最もコスパの悪いタレントにビートたけしを名指し

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513951268/

1: 2017/12/22(金) 23:01:08.94 ID:CAP_USER9

テレビプロデューサーでタレントのデーブ・スペクターが22日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に出演。「最もコストパフォーマンスの悪いタレント」として、ビートたけし(70)の名前を挙げ、スタジオを沈黙させた。 

この日の番組では、米「フォーブス」誌が「最もコスパが悪い海外俳優」ランキングを発表、主演映画での投資回収率が低いとして、マーク・ウォールバーグ(46)を1位に選出したという話題を取り上げた。 

この流れで「日本でコスパの悪い人は?」と聞かれた元格闘家の佐竹雅昭(52)は「(プロレスラーの)前田日明。話が長いし、何言っているか分からないから」と断言し、笑いを誘ったが、続けて回答したデーブはフリップに「ビートたけし」と書いて披露。これには、たけしの弟子・水道橋博士(55)や大親友の島田洋七(67)がいるスタジオは一瞬、沈黙に包まれた。 

「あれ? 静かになっちゃいましたね」と戸惑い気味のデーブだが、たけしを選んだ理由として「ギャラが高過ぎるから」と正論を披露。これには、洋七が「本人いわく、そんなにもらってないと言ってたでえ。ただ、テレビ局は1回あげたギャラは下げられないとも言っていた」と、たけしをかばっていた。

 
デイヴィッド・マーク・”デーブ”・スペクター(David Mark “Dave” Spector)は、日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー、放送作家、著作家、タレント、コメンテーターである。株式会社スペクター・コミュニケーションズ代表取締役。アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。公称身長170cm。
ph09

妻はエッセイスト・コラムニストの京子・スペクター。

幼い頃は子役として米国でケロッグのコーンフレークのコマーシャルなど有名なCMに出演。

1972年上智大学に留学し、1975年シカゴ放送学校を卒業。シカゴのコメディ劇団セカンド・シティに所属したり、コメディ・ライターとして活躍した後、ABCテレビの番組プロデューサー及び番組内における日本特派員として再来日する。

1976年、憧れていた加山雄三から取ったユウゾウと名乗り副業で日本人の旅行案内員をしているときに、ロサンゼルスのホテルニューオータニロサンゼルス(現キョート・グランド・ホテル・アンド・ガーデンズ)でコンシエルジュとして働く京子と出会い1981年に結婚。アメリカABCテレビの番組のため1983年から1987年頃までは日本とアメリカを行き来していたが、仕事の量が日本で増えるようになってからは活動拠点を東京に移すようになった。京子との間に子はいない。

現在は「ダジャレを発するアメリカ人」として、バラエティで重用される一方、「ABCプロデューサー」「エンターテイメントのスペシャリスト」として各種情報番組のコメンテーターとしても活躍し、常に好コメンテーターとして名を連ね、オリコン2009年「好きなコメンテーター」1位を獲得。彼の代名詞とも言えるアメリカン・ジョークと、そこに潜ませた“的確さ”“知識の豊富さ”が支持され、唯一、全世代にわたりTOP3入りを果たした。

wiki
ビートたけし(1947年1月18日 – )は、日本のコメディアン、タレント、映画監督、俳優。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が高い。
a1c48179
東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。

東京都立足立高等学校から明治大学工学部(現理工学部)機械工学科卒業(特別卒業認定)。
元・東京芸術大学大学院映像研究科特別教授(2005年 – 2008年)、漫才師。

1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、お笑い芸人のみならず、日本のテレビ界を代表するタレントとなる。

一般人、芸能人(特に後輩芸人)問わず、言動に多大な影響力を持つ人物の一人である。

1990年代頃より司会業や映画監督業が中心で、中には20年以上続く番組がある。

映画監督時や『平成教育委員会』(フジテレビ系列)などの番組では本名の「北野武」名義を用い、その他の番組、映画で出演するときは芸名の「ビートたけし」でタレント活動している。
 
これに関して、2010年(平成22年)5月9日放送『平成教育委員会』では、「アカデミックな場所では『北野武』または『マス北野』、芸人として出る時は『ビートたけし』で使い分けている」との旨を述べた。
日本国外では基本的に本名である『takeshi kitano(北野武)』だが、『beat takeshi kitano(ビートたけし北野)』と、いう、本名と芸名を併せた名義を使うこともある。
wiki
 
 
ネットでのコメント↓↓