『ぷっすま』などでお馴染みのタレント・ユースケサンタマリアは約8年もの間、うつ病に悩まされていた。現在はうつを克服して活躍中だ。うつ病を患って激やせした当時から現在まで、ユースケサンタマリアの病気についての情報をまとめた。

タレント・ユースケサンタマリアは約8年間も『うつ』に悩まされていた

 

ユースケサンタマリア

本名:中山裕介(なかやま・ゆうすけ) 生年月日:1971年3月12日 出身地:大分県大分市 血液型:B型 職業:俳優、タレント、司会者、歌手

 
 

ユースケ・サンタマリア、最大のモテ期到来? 「枯れた感じがいい」「劣化ぶりが色っぽい」:  土曜時代ドラマ「悦ちゃん… http://bit.ly/2sPgoGN    

 
 

明るく楽しく、どこか「テキトー」な印象もあるタレントのユースケサンタマリア。テレビ朝日系バラエティ番組『ぷっすま』などでは、SMAPの草なぎ剛とともに「いい加減で脱力気味」な姿を見せるなど、ユースケサンタマリアは一見するとうつ病とは無縁だ。しかし書評家の吉田豪はとあるラジオ番組で「ユースケサンタマリアは8年間にも渡るうつ状態で苦しんでいた」と語り、ユースケサンタマリアの抱えた苦悩を明らかにした。

次へ↓ ↓ ↓