笑っていいとものレギュラーやワンナイR&Rなどでレギュラーメンバーとして活躍し、2000年代は若者から多大なる人気を誇ったガレッジセール。

 

ワンナイR&Rの中で生まれた「ゴリエ」というキャラはCDデビューを果たすほど人気のキャラクターに成長したことを覚えている方も多いのではないでしょうか?

 

そんなガレッジセールの2人ですが、一時期テレビであまり見かけることがありませんでしたよね。今回はガレッジセールが干されていた理由などをまとめてみました。

ガレッジセールのプロフィール

川田広樹のプロフィール

出典:http://news.yoshimoto.co.jp/

名前:川田広樹(かわたひろき)
出身地:沖縄県那覇市
生年月日:1973年2月1日
血液型:A型

最終学歴:沖縄県立真和志高等学校
所属事務所:吉本興業東京本社

担当:ツッコミ

 

ゴリのプロフィール

出典:http://www.papapark.jp/

名前:照屋年之(てるやとしゆき)
出身地:沖縄県那覇市
生年月日:1972年5月22日
血液型:A型

最終学歴:日本大学芸術学部映画学科中退
所属事務所:吉本興業東京本社

担当:ボケ

 

ガレッジセールの2人は元々、中学の同級生で、川田さんが転校をしてきたことをきっかけにゴリさんと出会うことになりました。

 

その後、役者を志望していたゴリさんが日大芸術学部在学中、友人からの一言がきっかけでお笑いを志し、当時まだ沖縄にいた川田さんを誘ったことで「ガレッジセール」が結成されました。

 

1995年、東京吉本総合学院(東京NSC)第1期生の募集に入学希望を行うも、既に募集が終了していたため、暫くのあいだ「無給で」月曜から金曜まで毎日15時間もの間、ボランティアスタッフとして劇場で働きました。

 

それから数ヶ月、初舞台での活動などが認められ、渋谷公園通り劇場の第1号芸人となり、ここから本格的にお笑い芸人としての道を歩み始めることとなります。

 

その後は、笑っていいとものレギュラーに抜擢されたり、冠番組とも言えるワンナイR&Rなどを持つまでに成長。活躍の場はバラエティ番組以外にも広がり、当時大ブームとなったテレビドラマ「ちゅらさん」にもコンビで出演されました。

 

特に、国民的大人気バラエティ番組である「笑っていいとも」においては、1999年から2009年まで10年間に渡ってレギュラーとして活躍されており、いかにガレッジセールの2人が人気者であったかということが分かります。

 

 

ガレッジセールが干された理由とは?

全国区のテレビ(東京のテレビ局制作によるもの)では露出が減少しているガレッジセールですが、地元沖縄や福岡などでは今でもレギュラー番組を持たれているようです。

 

全国区の放送で出演が減少したことで「干された」と言われているガレッジセールが、なぜそのような現状に陥ったのかについてのウワサをご紹介します。

 

 

有吉弘行との関係性

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

 

現在、テレビ界において他を圧倒するほどの出演数を誇る芸人「有吉弘行」。そんな彼も2007年の「おしゃクソ事変」までは細々とテレビ出演をする「あの人は今」タレントの一人でした。

 

その頃、対するガレッジセールは人気絶頂。当時イケイケだったゴリさんは、あろうことか、年齢も芸歴も先輩である有吉さんに対して「さん」付けをしなくなり、果ては「呼び捨て」をするまでに態度が変わってしまったのだそう。

 

このときの禍根が現在に影響し、有吉さんの発言力の影響でガレッジセールは全国区から姿を消したという説があります。ただ、有吉さんにそこまでの権力はないとする意見もあり、真相は闇の中といった状況です。

 

現在のテレビは有吉さんの天下。『僕、ガレッジ苦手なんですよね』なんてひとこと言えば、局はもちろん有吉さんを優先しますよね。それがガレッジが干されている理由だと言われています。

引用:ダウンタウンVSとんねるずだけじゃないお笑い界の「絶対共演NG」

 

 

次へ↓ ↓ ↓