風呂場は玄関脇にあるので、

比較的狭い通路になっている。

扉は通路側に開くので、

風呂場の扉の前にソファーを設置。

これだけだと心配だなとか考えて、

ソファーの上にホームセンターなんかで売ってる

シルバーラックをそっと乗せておいた。

何も知らない風呂場ではキャッキャウフフと何やら騒々しい。

締め出した事で少し余裕が出てきたのか、

携帯を置いてるんじゃないかと思って

探してみると二人分の携帯を発見。

 

どちらもロックがかかってないので

簡単にメールやら電話帳やらを確認できた。

男の方の携帯にはメールにはA子の他にも

本命の彼女と思しき人とのやり取りがあったので、

メールを送ってみた。

内容は 「はじめまして、俺男と申します。

現在、我が家の風呂にてB男さんと

私の彼女がお風呂でイチャイチャしておりましたので

ご連絡差し上げました。」

これだけでは信じてもらえるか分からないので、部屋に散乱してる二人の服を写メで撮って添付して、

俺の連絡先も合わせて送信。