日本のどこかに売り島というものが
あるのをご存じだろうか?
いわゆる男性が買い客としての売りです。

実はその都市伝説化したうわさは本当に存在するようです。

今回は売春島と呼ばれる禁断の離島
「渡鹿野島」について紹介します。

 

噂の舞台となっているのは
三重県にある渡鹿野島(わたかのじま)。

伊勢志摩国立公園内にある小さな島で人口はわずか300人ほど。

ここに100人以上の売春婦がいたという
「売春島」だったという都市伝説があるのです。

渡鹿野島(わたかのじま)とは

渡鹿野島(わたかのじま)は
三重県志摩市(旧志摩郡磯部町域)にある島。
伊勢志摩国立公園内にあります。

島の大半は志摩市磯部町渡鹿野(いそべちょうわたかの)。
人口はわずか300人程度。

周囲約7km、面積は約0.7平方キロメートルを持ち
リアス式海岸の湾のひとつ的矢湾の奥に位置し、
的矢湾深部の外海から隔てられた島の西側海域は
波が穏やかな海面となっている。

そのため古くより荒天時の避難場所・風待港として使われていました。

島内の住所は大半が志摩市磯部町渡鹿野ですが、
一部に磯部町的矢の飛び地(小字間神・居森)があります。

2013年より島を観光地化しようとする動きの元、
売春などを撤廃しようという動きになり、
今では廃墟化しているという噂まであります。

全盛期のころは600人ほどの人口で
そのうちの400人ほどが売春婦だったとも言われていたそうです。

 

 

↓↓↓詳細はこちらから↓↓↓