横野レイコはフジテレビ専属のレポーター!元横綱朝青龍のバトルとは?

 

横野レイコはフジテレビ専属のレポーター!相撲コメントを求められる理由とは?

横野レイコがフジテレビ専属レポーターとして活躍するきっかけとは?

ワイドショーのみならず、時事ニュースでも世間を騒がせた「日馬富士暴行事件」で、連日、相撲コメンテーターとして出演していた横野レイコ。相撲界の根底をも揺るがす大事件に対し、フジテレビの「情報プレゼンター とくダネ!」や「バイキング」などにも引っ張りだことなっていました。

横野レイコは、1962年生まれで大阪府大阪市出身です。奈良県のケーブルテレビの契約アナウンサーでしたが、退職後に上京して、1987年にフジテレビと専属契約を結びました。その後は、「3時のあなた」や「おはよう!ナイスデイ」「すぽると!」など、フジテレビの主要番組にて、主に芸能ニュースのレポーターとして活躍するようになります。

横野レイコが相撲コメントを求められる理由となった出来事とは?力士からの信頼も厚いスー女!

「3時のあなた」を皮切りに、芸能レポーターとしての仕事が大半だった横野レイコですが、あるとき番組プロデューサーに「(旧)藤島部屋のパーティが開かれるので取材に行きませんか?」と提案し取材に向かいます。そのパーティこそが、1990年代に空前の相撲ブームを引き起こし、時の寵児となった若乃花・貴乃花の入門発表でした。

当時はワイドショー番組が全盛期だったことに加え、人気力士の息子2人の飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍ぶりに各局の取材が日に日にヒートアップ。若貴の入門発表をいち早く取材した横野レイコは、フジテレビの「若貴番」となり、相撲レポーターとしての頭角をメキメキと現すようになります。

もともと若島津の追っかけをしていたというスー女の「パイオニア」でもある横野レイコ。本場所前の相撲部屋への取材だけでなく、イベントやパーティ、巡業に至るまでマメに足を運び、「いつも近くで取材してくれている」と他の力士からの信頼も厚いそうです。その相撲愛溢れる仕事ぶりは、まさにスー女界のトップに君臨する存在と言っても過言ではないでしょう。

 

次へ↓ ↓ ↓