ブルゾンちえみさんが、2018年1月1日未明に放送されたバラエティ番組『ぐるナイ!おもしろ荘』(日本テレビ系)で、新ネタ『素直じゃない女』を披露。

ブレイクのきっかけとなった2017年の『意識高めなキャリアウーマン』に続く新ネタだったのですが、思わぬ反響が見られています。

世の男性たちに「女のイヤはイヤじゃない」と訴える

このネタでブルゾンさんは、男性からのアプローチを受けても素直に受け止められない『素直になれない系女子』を演じています。

ネタの中で「男子、これだけは覚えてて欲しい」と、決めゼリフを発します。

女のイヤはイヤじゃない。

ぐるぐるナインティナイン ーより引用

このセリフが発せられると、with Bの2人がステージに現れ、ブルゾンさんが飲んでいたペットボトルの水をがぶ飲み。

間接キスになってしまい、ブルゾンさんが「イヤだ、ねえイヤだ!ヤダヤダ!それ、私が飲んでた水だよ」と反論するも、with Bは動じず。

続いて、足をくじいたブルゾンさんをwith Bがお姫様だっこで持ち上げ、わざとらしく体を触りながら介抱すると、ここでもブルゾンさんは「お願い、ヤメて!」。

本気で嫌がるような演技で、2人を突き飛ばすコントを見せます。

しかし、最終的にはブルゾンさんは素直になることを宣言。声を大にして「本当は、イヤじゃないよ~!」と叫び、笑いをとります。

その後は頭をなでられたり、上半身裸を見せられたり、アゴをクイっと持ち上げられたり、手にキスをされたりと、with Bから怒涛のアプローチを受けたブルゾンさん。それも受け入れ、「嫌じゃない」とささやき、ネタを締めくくりました。

綾瀬はるかさんは疑問を投げかける

ブルゾンさんの新ネタを見終わった後に、出演者の出川哲朗さんは「ブルゾンの気持ち分かる。女のイヤはイヤじゃない」とブルゾンさんの主張に同意。

さらに出川さんは「俺がチューしようとして嫌がる女の子に、『お前がイヤだっていう気持ちよりも、俺がチューしたい気持ちのほうが絶対勝ってるから』というと、ほとんど(キス)できる。92%くらい」と、経験を語っています。

ただ、ゲスト出演した綾瀬はるかさんは、ブルゾンさんにこのような疑問を投げかけていました。

本当にイヤな時もありますよね?

ぐるぐるナインティナイン ーより引用

ブルゾンさんはこの問いに対して、「そうなんです」と返答。あくまでネタとしての、誇張した表現なのでしょう。

実際、「イヤじゃない」ケースがあったとしても、あくまで自分が好意を持っている男性が相手の時だけでしょうしょう。

もちろん、好きな男性だからといって「この行為だけは許せない」と場合もあるはずです。

世間の反応も真っ2つ

今回のネタについては肯定的な意見、否定的な意見どちらも多数見られています。

【肯定的な意見】

<p・本当にこういう女性もいるだろうし、1つのケースとして受け止めるぐらいでいいと思う。< p=””>

・芸人のネタなんだから、これぐらいの表現は問題ないのでは?

・キャリアウーマンネタのアドバイスだって本気で真に受けてる女性はいないんだし、ネタと割り切って見ればいい。

・こんなことでも批判が来るなんて、芸人も相当ネタをやりづらくなったと思う。

【否定的な意見】

・私はちょっとしたイヤなことは我慢するけど、本当にイヤな時はイヤというタイプの人間です。

・ブルゾンさんは好きだけど、この発言は納得いかない。

・間違ったことを女性代表として代弁しないでほしい。

・イヤといっても通じないんじゃ、そもそも嫌いな人にはどうやって気付いてもらえばいいの?

・暴行被害に遭った女性の立場からしたら、気分が悪いネタだと思う。

・勘違いしてハラスメント行為をしてくる男性が増えるからやめて欲しい。

・綾瀬さんはよく反論してくれた。

全体的に見ても否定的な意見がやや多めでした。

ブルゾンさんは若者の人気が高く、小さい子どもたちも「35億」のネタをまねています。

ブルゾンさんの今回の決めゼリフを、ピュアに受けて止めて間違った認識をしてしまう若者や子どもたちが出て来ないか、案ずる声も上がっています。

ブルゾンさんが世間の声をどのように受け入れ、2018年のパフォーマンスを展開していくのか注目です。

 

 

引用元:https://grapee.jp/439826

あわせて読みたい