伊原凛6

 

1月19日に放送されたフジテレビ系で放送された「ダウンタウンなう」でダウンタウン・松本人志が、19歳年下の元タレントの妻・伊原凛と出会いついて触れられた。

 

伊原凛は松本人志と結婚し、キッパリと芸能界を引退。
妻として亭主を支えることを選んだことは、専業主婦の鏡であり、松本人志の名を使って売名など一切しないので、芸能人妻としては好感度が高い。

しかし、伊原凛は、お天気キャスターを務めていた当時、自身の母親は韓国出身であると番組のブログで明かしている。

いったい、伊原凛とは何者なのか?

今回は、松本人志の嫁・伊原凛についてまとめてみた。

 

伊原凛プロフィール

伊原 凛(いはら りん)
別名・ 宣喜娜

生年月日 1982年10月24日 35歳 
出身地 東京都 
血液型 B型 

父親が大阪市生野区出身の在日韓国人、母親は韓国人。
お嬢様学校である聖心女子学院中等科・高等科卒業後、フラワーアレンジメント専門学校へ。

オスカープロモーションのオーデションをうけ、合格。「ズームイン!!SUPER」のお天気キャスターに起用された。

2006年1月放送のTBS系「ドリームマッチ06」でアシスタントを務め、松本人志らと共演。

番組のプロフィールで好きなタレントに「ダウンタウンさん」と書くほど、松本の大ファンだった伊原凛は、自ら「私のこと覚えていますか?」と積極的に話しかけ、この共演がきっかけで交際に発展し、2009年5月に妊娠が週刊誌に報じられ、発覚する。

伊原凛1

2008年9月、伊原凛はレギュラーを務めていた「ズームイン!!SUPER」を卒業し、芸能界引退。松本人志は一般女性(芸能界引退したため)と結婚を発表し、同年10月に第1子長女が誕生した。

 

次へ↓ ↓ ↓