ものまねタレントとして人気の青木隆治さん。

 

同じくものまねタレントとして活躍されているツートン青木さんの息子さんでもあります。

 

盛んにものまね番組に出演されていましたが、一時期に比べると見かけることも少なくなりました。そこで今回は、青木隆治さんが干されて消えた理由についてまとめてみます。

 

青木隆治さんのプロフィール

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/

名前:青木隆治(あおきりゅうじ)
出身地:神奈川県足柄下郡真鶴町
生年月日:1981年1月29日
身長:166cm

体重:52kg
出身高校:神奈川県立山北高等学校
職業:ものまねタレントシンガーソングライター
所属事務所:ケンズファミリー

 

意外なことに、学生時代はものまねが嫌いだったそうで、ものまねタレントにはなりたくないと思われていたそうです。しかも、既にものまねタレントとして活躍していたツートン青木さんを「歌手として自分の声で勝負できないからものまねに走った」と思い込んでいたそうです。

 

そんな青木隆治さんですが、ツートン青木さんのライブを舞台袖から見学した際、感激を受けたそうで、ものまねの素晴らしさに気付かされることとなりました。

 

その後、自分で練習を積み重ね、ものまねタレントとしてテレビ番組に出演するまでに。

 

青木さんは、同じくものまねタレントとして業界の頂点を極められているコロッケさんを尊敬しているそうですが、それは青木さんがデビュー間もないころにコロッケさんからいただいたアドバイスがきっかけだったそうです。

 

歌手の研ナオコさんとは師弟同然の関係であり、歌唱指導をうける間柄と言われています。

 

青木隆治が干された・消えた理由について

数々の歌手のものまねを、非常に高いクオリティで行う青木隆治さん。特に昭和の歌姫であった美空ひばりさんの歌マネは神がかり的なものがありました。

 

加えて、ルックスはB’zの稲葉浩志を思わせるほど端正で、男性ファンのみならず、多くの女性ファンからの絶大な支持を得ているものまねタレントでもありました。

 

技術・ルックスともに誰もが羨むほどの素質を持ち合わせた彼が、人気絶頂の中でテレビから遠ざかった時期に入ってしまった理由として有名なのが、TBS系列のバラエティ番組「金曜日のスマたちへ」の中で放送された彼の無礼な態度です。

 

次へ↓ ↓ ↓