縄文時代から性行為の歴史は存在していた!

縄文時代の人たちの歴史は

生き残るためにしていたと言われている。

またこの時代は

避妊をするという

認識がほとんどなく
日常的に縄文時代の

人達は子孫を残すため

たくさんしていたと

言われている。

子供ができても

出産後にすぐに

亡くなってしまう事も多く
生き残ったとしても

短命だったことから

性行為をし子供をたくさん産み

子孫が途絶えないようにする事に

必死だったというのだ。

昔の人達の性生活の歴史は

主に野外で行われていたと

言われている。

縄文時代の人達は

現代の様に

電気のような明かりがない。

自分たちが

起こした火を頼りに
夜の生活を

営んでいたというのだ。

しかし暗くなると

動物も多くみられるため

安全な環境ではなかった。

そうなると自然と

性行為を行うのは

昼間の明るいうちだったと言われている。

昔の人達には

現代人のような

性行為においての

がなかった。

だからこそ

人前で性行為を

当たり前だったようだ。

そして周りの

目の当たりにしながら
昔の人達は

自然と性行為を

学習していたという。

 

 

 

↓↓↓なぜ縄文時代の人たちは短命だった?(次のページへ)↓↓↓