K-POP業界の闇

K-POPには素晴らしい曲がたくさんあり、

韓国だけでなく世界中で聞かれています。

しかし、K-POPの裏には

とても恐ろしい真実が隠されているのです。

子供のころから音楽会社と厳しい契約を結ばれたり、

成果が出せなければすぐに見捨てられてしまいます。

それでは、K-POP業界に隠された

恐ろしい真実を紹介していきます。

強制的な売春行為

日本でも度々「枕営業」なんて言葉が出てきますが、

実際にこの事実が大きな問題になった過去が韓国にはあります。

一体どれほどの人がこの現実に苦しんだことか・・

 

 

強制的な売春行為

①強制的な売春行為

2009年、ジャン・ジャヨンという

韓国の女優がアパートで死んでいるのが見つかりました。

彼女が残した遺書には、彼女がマネージャーに

さまざまなことを強制され、

「もし拒否すれば血が出るまで殴られた」

と書いてありました。

警察が彼女が所属していた事務所を捜査すると、

建物に売春用の部屋があることがわかりました。

エンターテイメント業界に所属する女性の3分の2は、

役員や政治家と売春して有利な仕事を

得られるように強制されていると言われています。

頻発する性的暴行

実に恐ろしい現実です。

舞台で笑顔を振る舞うアーティストたちですが

なんと、その中の3人に1人が

この被害に遭っているのだとか・・・

②頻発する性的暴行

K-POPスターの女性がマネージャーから

性的暴行を受けることは、珍しいことではなく、

アンケート調査によるとK-POPスターの

3人に1人が性的暴行を受けていることがわかりました。

エンターテインメント会社のマネージャーである

チャン・ソクウは、20人以上もの女性に対して

薬物を使い、強姦をしたことで逮捕されました。

同様の事件は多発していますが、

まだ警察から摘発されていない事件も多く

存在していると予想されています。

 

 

 

 

 

↓↓↓整形するのも契約!日本ではかんがえられない(次のページへ)↓↓↓