稀勢の里「以上のものが最後に出た。見えない力が働いた」

TBT6478yt6yrWnC1490566480_1490566487

逆転優勝で男泣き


表彰式で国歌が響きわたる中、稀勢の里は涙を止めることができなかった。
13日目に左肩付近を痛め、14日目の取組は完敗。2場所連続の優勝は厳しいと思われたが、それでも千秋楽では執念で本割、優勝決定戦で連勝し、逆転優勝を引き寄せた。インタビューでは、試練を乗り越えての優勝を振り返り「応援と支えてくれた人のおかげです。きょうは泣かないと決めていたのですが…すみません」

館内の声援も味方に奇跡を呼んだ。「自分の力以上のものが最後に出た。見えない力が働いた」と振り返った横綱。

稀勢の里 逆転Vに男泣き 声援、支えに感謝「見えない力が働いた」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ


稀勢の里寛


稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか、1986年7月3日 – )は、
茨城県牛久市出身(出生地は兵庫県芦屋市)で田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)所属の現役大相撲力士。

本名は萩原寛(はぎわら ゆたか)、
愛称はハギ。

身長188cm、体重171kg、趣味はスポーツ観戦、
好きな食べ物はのっぺい汁、焼き鳥、フグ刺し、紀州南高梅。

得意手は左四つ・寄り・突き・押し。

締め込みの色はナス紺。

2016年11月場所終了時点で現役大関は4人いるが、唯一幕内優勝経験が無かった。

また平成時代以降昇進した大関で、幕内優勝皆無力士は稀勢の里と雅山の二人のみで、
さらに優勝ゼロの力士で大相撲史上初めて年間最多勝を獲得した。

2017年1月場所で14日目に優勝を決め、千秋楽を待たずに優勝次点12回で初の幕内最高優勝を果たした。

第72代横綱に昇進する予定であり、
これにより不在となっていた日本出身力士の横綱が1998年以来実に19年ぶりに復活することとなった。

83192_201012200145793001292828318c

稀勢の里寛

 

関連動画


【日本ニュース】稀勢の里の地元 茨城 各地で大きな歓声