1968年のメキシコ五輪の表彰台で黒人選手が
人種差別に抗議を示す行動をして大ブーイング。

これに同調した白人選手も非難を浴び、
人生が大きく狂ってしまうことに・・・

 

メキシコ五輪の表彰式で起きた事件

今から約50年前の1968年に開催された
メキシコオリンピックの陸上男子200メートルの銀メダリスト、
ピーター・ノーマン(オーストラリア)。

大会前、ピーター・ノーマンは国からはほとんど期待されない存在でした。
陸上男子200メートルには圧倒的に強い2人の選手、
アメリカのトミー・スミスとジョン・カーロスがいたこともあり、
メダルを取るとは思われていなかったのです。

しかし予選で大会新記録を出すなど大会に入ってから記録を伸ばし、
見事決勝に進出しました。
もちろん、トミー・スミスとジョン・カーロスも決勝に進出。

ピーターは同じアスリート同士、
トミーとジョンと仲良くなり、健闘を誓い合います。

そして迎えた決勝。ピーターは見事な走りで
ジョンとトミーの間に食い込み、2位となりました。
1位は19秒83の世界記録を出したトミー・スミス。
ジョン・カーロスが3位でした。

そしてメダル授与のための表彰台。
ここでトミーとジョンは近代オリンピックの歴史において、
最も有名な写真となる「ブラックパワー・サリュート」と
呼ばれる示威行為を行います。

 

 

 

トミーとジョンはアフリカ系アメリカ人の黒人選手。
2人は黒人の貧困を象徴するため、シューズを履かず黒いソックスを履き、
黒の手袋をはめた拳を高く挙げ、人種差別に対して抗議しました。

 

 

 

↓↓↓なぜ!?動画がこちら↓↓↓