【驚き】佐々木健介・北斗晶夫妻が借金苦で困窮しているという噂が…その理由がヤバいのイメージ

乳がんの北斗晶に代わり、夫・佐々木健介が『仕事下さい』と懇願

 
 

2016年5月、週刊文春の取材に答えて佐々木健介が切実に自分達の窮状を語り語りました。

佐々木が関わるプロレス団体が抱える借金問題、北斗晶の乳がんに掛る医療費などがかなりかかるため、人気タレントだった北斗に代わって仕事獲得する為に必死に売り込んでいたのです。

 

北斗の治療費や差額ベッド代、プロレス団体(ダイヤモンドリング)が抱える借金返済で生活が困窮していることが明らかになった。

同誌の直撃取材に応じた佐々木は「がん保険に入っていたので助かっていますが、まだ借金もあります。『僕みたいな人間ですけど、使っていただけるのであれば一生懸命やります』と頭を下げて仕事をお願いしています」とコメントし、窮状を赤裸々に訴えた。

 

ステージⅡb期の乳がんの主な治療費・入院費は

 

入院や手術で約30万円(3割負担)となり、保険適用外となる差額ベッド代が1日1~3万円はかかるという。他にも抗がん剤治療に20~30万円程度(3割負担)、放射線治療やホルモン治療などのお金がかかり、乳がんの治療費は、総額200万円近くかかることもあるそうだ。

 

佐々木健介はプロレス関連の借金問題と、北斗晶の乳がん治療費という二つの問題を抱えているので、佐々木健介は必死に『仕事下さい』と言わざるを得ないのですね。

 
 

ただ、残念ながらタレント性は北斗晶に比べると、大分劣ると言わざるを得ない佐々木健介では所詮テレビのレギュラーは務まるはずもありませんでした。

 

 

とうとうこの番組も……

↓↓↓次へ↓↓↓