20170213YW00104_fixw_730_hq

 

ビートたけし(1947年1月18日 – )は、日本のコメディアン、タレント、映画監督、俳優。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が高い。
a1c48179
東京都足立区島根出身。

東京都立足立高等学校から明治大学工学部(現理工学部)機械工学科卒業(特別卒業認定)。
元・東京芸術大学大学院映像研究科特別教授(2005年 – 2008年)、漫才師。

1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、お笑い芸人のみならず、日本のテレビ界を代表するタレントとなる。

一般人、芸能人(特に後輩芸人)問わず、言動に多大な影響力を持つ人物の一人である。

1990年代頃より司会業や映画監督業が中心で、中には20年以上続く番組がある。

映画監督時や『平成教育委員会』(フジテレビ系列)などの番組では本名の「北野武」名義を用い、その他の番組、映画で出演するときは芸名の「ビートたけし」でタレント活動している。
 
これに関して、2010年(平成22年)5月9日放送『平成教育委員会』では、「アカデミックな場所では『北野武』または『マス北野』、芸人として出る時は『ビートたけし』で使い分けている」との旨を述べた。日本国外では基本的に本名である『takeshi kitano(北野武)』だが、『beat takeshi kitano(ビートたけし北野)』と、いう、本名と芸名を併せた名義を使うこともある。
wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%9F%E3%81%91%E3%81%97

dcaed180-s DYSiytgVAAA3tVE 1503129_1_1_large e0bdccd6-s

index

森 昌行(もり まさゆき、1953年1月7日 – )は、日本の実業家・芸能プロモーター。オフィス北野代表取締役社長。鳥取県鳥取市出身。
sp4-01
現在はビートたけしや浅草キッド、寺島進を中心とするタレントのマネージメントや、北野武が初めて監督を務めることになった『その男、凶暴につき』に関わって以降『菊次郎の夏』『アウトレイジ』や『座頭市』などの北野武監督映画をプロデュースしている。元々はミュージシャン志望であり、趣味はエレキギター(対談などでギターのコレクションやエフェクター愛を語ったこともある)。日本のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS」のライブビデオのディレクターとして制作に関わっていたこともある。北野武が海外で賞を受賞する際は同行しているので、テレビに映ることも多い。

たけしは1989年に深作欣二の代役として『その男、凶暴につき』で監督デビューを果たす。バブル当時は異業種監督が一種の流行となり、たけしのテレビ人気を当て込んで映画会社から多くの監督依頼が来るようになる。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%98%8C%E8%A1%8C
 
 
 
 
次へ↓ ↓ ↓