shingo-kazami-e1497067966380
風見しんご(かざみ しんご、1962年10月10日 – )は、日本のタレント、歌手、ダンサー、俳優。本名、大下 義博。
74144_201003100235576001268197293c
広島県広島市西区己斐(こい)出身。成蹊大学工学部中退。当初の芸名は「風見慎吾」。
kojinjyoho11_4
1982年、TBS『欽ちゃんの週刊欽曜日』オーディションに合格してデビュー(当時は「風見慎吾」という芸名だった)。合格した理由も、この時のオーディションで萩本欽一に会った時に大きな声であいさつし「有名人を前に萎縮することもなくて、バカでかい声であいさつして。合格!」と言われたという単純なことだった。この番組で欽ちゃんファミリーの若きメンバーとして存在感を放つ。その傍らで劇男一世風靡が分裂する前の劇男零心会のメンバーとして活躍していた(劇男零心会に参加していたが劇男一世風靡には参加していない

 

さらにレギュラー番組が高視聴率獲得で各局の社長賞及び会長賞受賞番組も多く、ゲスト出演しても高視聴率や最高視聴率を獲得したりで師匠“萩本欽一”に負けず劣らず視聴率男と言える。また長寿レギュラー番組も多い。 

 

1994年元女優の荒井晶子さんと結婚
WS00000033
2007年1月17日、当時10歳で小学5年生の長女が東京都世田谷区で通学時、青信号のタイミングで交差点通行中、2トントラックにはねられ、病院に搬送されたが死亡した。病院での治療時、風見および親族が見守る中、長女は止まっていた心臓を一時動かしたが、その直後再び心肺停止となり、風見は「何でこんなことで命落とさなきゃいけないんだ!?」と叫んだという(情報番組での報道)。

 mig

17

霊安室にて長女の遺体を目の当たりにしながら、「こんな思いは誰にも味わってほしくない」と思ったという。長女の死化粧担当者に「娘は花嫁になるのが夢だったので、死化粧ではなく、花嫁化粧でお願いします」とお願いした。その後、通夜の場で会見を行い、涙を流しながら「娘と飲酒をしたかった」などと述べた。ただこの会見の中で「喧嘩嫌いだった長女のため」として加害者への思いは一切述べなかった。
加害者の元会社員の男性(当時22)は禁固2年(求刑禁固3年)の判決を受けている。

長女亡き後は、交通事故死亡者をなくすために、各地で交通事故や命の大切さについてを語った講演と、警察等が主催する交通安全関連のイベントや啓蒙活動への参加を盛んに行っている。

 

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E8%A6%8B%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%94
 
 
 
 
次へ↓ ↓ ↓