-e1469593949538

 

原 千晶(はら ちあき、1974年4月27日 – )は、日本の女優、タレント、アロマインストラクター。北海道帯広市出身。川越市立高階西中学校・北豊島高等学校(東京都荒川区)全日制課程普通科(理系)卒業。ワタナベエンターテインメント所属。
vol9_harachiaki01
1974年(昭和49年)、北海道帯広市に生まれる。その後は生命保険会社に勤務していた父親の転勤に伴い、北海道釧路市、福岡県北九州市小倉、大阪府、埼玉県川越市、千葉県などを転々とした。

スポーツでは剣道が得意であり、有段者(初段)である。また、かねてからアロマセラピーに興味を持ち、2003年(平成15年)から約1年程、本業のタレント活動を一時休業してアロマインストラクターの資格を取得後、2004年(平成16年)から「Seribu Kristal Sabun」のブランド名で石鹸(手作り石鹸)の製造も開始した。そして、自身のブログを開設して本業のタレント活動の他にアロマセラピーの情報も発信している。

2005年初めに精密検査で子宮頸がんと診断される。仕事を一時休業し、子宮を残す円錐形切除を受けて復帰した。しかし、2009年末に子宮頸がんと子宮体がんの併発に加えリンパ節への転移も発見され、年明けに子宮全摘出手術・治療に専念し、2010年5月まで抗がん剤治療を受けていた。

2010年10月10日、1度目の復帰の際に関わった仕事で知り合った番組制作会社プロデューサーと結婚した。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%8D%83%E6%99%B6
子宮頸癌(しきゅうけいがん、英: cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。性行為感染症である尖圭コンジローマと同様、ヒト乳頭腫ウイルス (HPV) の感染によって発症する為、性行為感染症に分類される。

keigan01

子宮頸部扁平上皮癌は、ヒトパピローマウイルス (HPV) の長期間の感染による発症である。近年の疫学的調査によると、扁平上皮癌80%、腺癌20%であり、腺癌の比率が上昇している。以下、特に断りのないかぎり本記事では子宮頸部扁平上皮癌について述べる。

子宮頸癌の最大の特徴は、原因がはっきりしている為、予防可能な癌であるという点である。これは異形成(子宮頸癌になる前の病変)が発見可能なためであり、定期的な子宮頸癌検診により、異形成の段階で発見・治療することにより癌の発症を未然に防ぐことができる。
その為、性経験のあるすべての女性に年に一度の子宮癌検査が勧められており、欧米では多くの女性が子宮癌検査を受診している。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e5%ad%90%e5%ae%ae%e9%a0%b8%e7%99%8c

 
 
 
 
次へ↓ ↓ ↓