巷で聞いたことあるような怖い都市伝説(恐い話っぽくなっているが…)を集めてみました!

 

運転免許証にある12桁の番号は何を表わしているのでしょうか。

出典soshakan.co.jp

 

今日は運転免許証の都市伝説です。
運転免許証にある12桁の番号は何を表わしているのでしょうか。

まず最初の二桁は免許証を発行した都道府県の公安委員会コードNo.です。
次にある、3.4番目の数字は免許取得時の西暦年数の下2桁です。
11番目の数字は、前6桁の数字をある計算式で算出すると出る数字が書かれていると噂されています。

つまり、適当な数字で免許証を偽造して作るとここの数字がおかしくなってしまうので、一発で偽造免許証だと解ると言われています。

で、12番目の数字、この末尾の数字は免許証の再発行回数となっていて、1回再交付した場合は「1」、2回再交付した場合は「0」。

出典【怖い話 実話 不気味な話】運転免許証にある12桁の番号は何を表わしているのでしょうか。短編

 

では残りの5~10番目の数字は、何を表わしているのか?
実はここに個人情報が隠されていて、この数字によって「過去の犯罪履歴が解る」という噂もあります。

昔のドラマなどで、刑務所から出てきた人物が就職面接を受けた時に、免許証を提示した際に面接官がその数字を見た途端に「君みたいな人物を雇うことは出来ない」と拒否するシーンがたまにあったそうです。

噂では交通事故などで免許停止になった後、免停期間が終わり再交付して貰う時にその数字がそこに仕組まれるという話です。

もう一つ、これも噂の粋を出ないのですが、5~6番目の数字は免許証試験を受けた時の成績が記録されているという噂。

100点満点を取った人は不正解数「00」で、99点の人は不正解数「01」となっていると噂されているんです。

運転免許証には色々な秘密が隠されているらしいです。

出典【怖い話 実話 不気味な話】運転免許証にある12桁の番号は何を表わしているのでしょうか。短編

 

 

次へ↓ ↓ ↓