o0480036113986331855
岡村隆史(おかむら たかし、1970年7月3日 – )は、日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ担当。相方は矢部浩之。
 
default_287f382879441ea58270c88d57adcd77
大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。独身。吉本総合芸能学院 (NSC) の第9期生(ただし、授業料未納により退所)。身体能力の高さを生かしたコミカルな動きや顔芸などビジュアル的な笑いを得意とする。

2010年に体調不良により約5か月の長期休養をした。加療当時の詳細はテレビ・ラジオ番組で岡村自身が語っているものの、2015年現在、病名は公表されていない。岡村本人は、病気について「(頭が)パッカーンってなった」と表現している。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9D%91%E9%9A%86%E5%8F%B2

酒井若菜(さかい わかな、1980年9月9日 – )は、日本の女優。本名、酒井美幸(さかいみゆき)。
UN97bbGqGWPB7l1_hvMeu_12
栃木県下都賀郡野木町出身。ムーン・ザ・チャイルドを経てA-team所属。左利き。

当初はグラビアをメインに活動していた。日テレジェニック’99にも選ばれ、グラビアの登場、出版した写真集共に非常に多く、グラビアアイドルとしては一定の知名度を得た。グラビアアイドル時代は栃木の実家から「通勤」していた。
o065711291336725284606
2002年頃から女優業をメインに活躍し、現在に至っている。特に「バカ女」キャラクター役に関して天才的な演技力を発揮し、数々のドラマ(特に『木更津キャッツアイ』以降の宮藤官九郎作品において)やテレビCM(東京ガス「女の小野妹子」編)にて非常に高い評価を得ている。酒井自身が「バカ女」というわけではなく、サスペンスでのシリアスな役もこなせる演技派である。
20060919011739
読書が趣味で、“世の中で一番好きな本”として、太田光の『パラレルな世紀への跳躍』を挙げている。司馬遼太郎の書籍により幕末への興味を深めている。司馬の書籍の中では板垣退助が好きで、物語の中での脇役としての地位が自分と重なるところがあると発言している。結婚相手としては安定感のある千葉重太郎をあげている。
視力が悪く、日常生活では眼鏡を愛用している。ドライアイのためコンタクトレンズを入れられない。

2016年2月25日発売の対談・エッセー本『酒井若菜と8人の男たち』の中で、膠原病の闘病中であることを明らかにした

wiki

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E8%8B%A5%E8%8F%9C
 
 
 
 
 
次へ↓ ↓ ↓