Snap347

 

紅蘭(くらん、1989年8月30日 – )は、日本の女性ダンサー。本名、草刈 紅蘭(くさかり くらん)。
o032003851463543733126

東京都出身。バービィオフィス所属。

 

父親は、俳優の草刈正雄、母親は、元モデルの大塚悦子、弟は、元ズットズレテルズのドカットカット、妹は、女優の草刈麻有。父親がハーフのため、本人はクォーターである。
aifigksk002

yh6zddej
名付け親は、生まれた当時父がお世話になっていた女性のボイストレーナーで、井上靖の小説『蒼き狼』に登場する忽蘭(クラン)に由来し、字の画数も判断したうえで『紅蘭』の字を当てられた。なお、弟、妹(草刈麻有)の名付け親もこのボイストレーナーであるという

 

いま芸能界で活動している理由は「自分がテレビに出て、日本に刺激を与えたいから」で、「自分がやりたいことを何があってもやるべきだし、紅蘭みたいにバカなこと言う人間でも、人生幸せになれることを見せたい。それがテレビに出てる理由だけど、本当に嫌になったらすぐ辞める」と強い意志を持っている

 

デビュー当時は本名で活動していたが、『有吉反省会』(日本テレビ系)において、反省の禊として、「草刈を名乗らない事」とMCの有吉弘行に言われ、それ以降、紅蘭と名乗り、活動する事になる。

 

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E8%98%AD
 
 
 
 
 
次へ↓ ↓ ↓