スタジオジブリ制作の映画『火垂るの墓』には、様々な噂があります。その一つに『火垂るの墓』は放送禁止になっているとの都市伝説です。その理由や真相について追ってみました。

1988年公開の映画『火垂るの墓』は、1989年からたびたびテレビ『金曜ロードSHOW!』で再放送されています。

2013年11月に『火垂るの墓』が4年ぶりに放映されると、ネット上では「火垂るの墓が放送禁止になっていた」と憶測が飛び交いました。

その後2015年8月にも放映されていますが、放送禁止と噂になった理由は一体何なのでしょうか。

なぜ火垂るの墓が放送禁止になったのか?

1988年公開のアニメ映画『火垂るの墓』は、スタジオジブリが制作しました。原作は野坂昭如、脚本・監督は高畑勲でした。

節子のモデルとなったのは、戦時中に栄養失調で亡くなった原作者の妹だと言われています。

出典:https://rr.img.naver.jp

物語の舞台は、太平洋戦争末期の神戸。空襲により母親を失った14歳の清太と、4歳の節子。兄妹は親戚の家に引き取られるも邪魔者扱いされ、二人は近くの防空壕で生きていこうとします。

しかし、戦時中は食べ物を満足に調達できず、節子は栄養失調で倒れてしまいます。

出典:http://ghibli-tosidensetu.com

節子のために食糧を確保しようとする清太でしたが、結局節子は亡くなります。その後、清太も栄養失調で死んでしまいます。

映画のラストシーンでは、幽霊となった二人が再会し、高い丘の上から街を眺めます。

そこで見えたのは戦争ではなく、高層ビルが乱立する神戸でした。

戦争の悲惨さが分かる描写の数々に、多くの人が衝撃を受けた作品です。

『火垂るの墓』は、1989年より、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で8月の終戦記念日前後に再放送されるようになります。1993年からは、1年~3年おきに放映されていましたが、2009年8月の放映後、2013年11月まで約4年間放映されませんでした。

 

 

次へ↓ ↓ ↓