謝罪会見で涙した山口達也(C)日刊ゲンダイ

 

女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されていたこと分かった「TOKIO」の山口達也(46)が26日午後2時過ぎ、都内のホテルで弁護士を伴って記者会見を開いた。弁護士は「芸能活動は無期限謹慎」と明らかにした。

 大勢の報道陣が待ち構える中、山口は黒いスーツ姿でうつむき加減で登場。30秒にわたり、頭を下げて謝罪。泣きながら、「世の中を騒がせたこと、被害者、怒り、あきれている方のためにも、私の口から報告させていただきます」と話した。

■「お酒の関係で体を壊し1カ月入院」

 当初、警視庁の事情聴取に「酒を飲んでいて覚えていない」と話していた山口は、会見で「今年1月15日くらいからお酒の関係で体を壊し、1カ月入院していた」と告白。2月12日に退院したが、「(事件当日は)片付けをしなければならず、家でお酒を少し飲もうかなという気になった」と説明した。

 そして、事件は起きた。山口は「かなりの量を飲み、酩酊状態になった」といい、番組で共演する女子高生に電話、港区内の自宅マンションに呼び出した。その後は報じられている通り、女子高生に酒を勧めた上、体を両手で押さえつけたり、無理やりキスをした疑いが持たれている。

 一方で、山口はアルコール依存症の可能性については否定。「依存的なものはないと自分では思っている。控えなければいけないとは思っています」などと釈明したが、女子高生に酒を勧めて手を出すとは同情の余地ゼロ。まして山口は2016年に離婚しているとはいえ、2児の父親である。付けるクスリがないとはこのことだ。

 

 

 

次へ↓ ↓ ↓