e0105_800x600

 

神戸連続児童殺傷事件とは

1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生(以下「少年」と表記)による連続殺傷事件。別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗事件』とも呼ばれる。この事件で、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った。

8405ecd42e268bba5e3b6b161f94ed2b_700

数ヶ月にわたり、複数の小学生が殺傷された事件である。通り魔的犯行や遺体の損壊が伴った点、特に被害者の頭部が「声明文」とともに中学校の正門前に置かれた点、地元新聞社に「挑戦状」が郵送された点など、強い暴力性が伴なう特異な事件であった。また、犯人がいわゆる「普通の中学生」であった点も社会に衝撃を与えた。

img_1488847_56287289_2
85001461c349964b58af885f9a8ed214

2015年6月11日、32歳となった元少年は自身の生い立ちや犯行理由、医療少年院を出た後の生活などを綴った『絶歌』というタイトルの手記を書き、初版10万部で太田出版から刊行された。

3376_2_1

週刊ポストが酒鬼薔薇聖斗の実名と顔写真を公開。女性セブンは現在の名前はK.M.だと公開した。

03c347f3 TiQ0Rtp

wiki

http://ja.wikipedia.org/wiki/神戸連続児童殺傷事件
 
 
 
 
 
次へ↓ ↓ ↓