小林麻央さんとの夫婦愛で日本中を感動の渦に巻き込んでいる市川海老蔵さんですが、過去には「灰皿テキーラ事件」という黒歴史となる騒動を起こしています。

 

この記事では、海老蔵さんの「灰皿テキーラ事件」に関する情報をまとめてみました。

市川海老蔵のプロフィール

 

出典:https://parts.news-postseven.com

名前:市川海老蔵(いちかわ えびぞう)
本名:堀越寶世(ほりこし たかとし)
出身地:東京都
生年月日: 1977年12月6日
身長:176cm
デビュー時期:1983年
最終学歴:堀越高等学校卒業
屋号:成田屋
所属事務所:市川團十郎事務所

 

歌舞伎界一の名門と言われている成田屋の当主として、伝統芸能を受け継いでいく立場の市川海老蔵さんですが、ドラマや映画の世界でも活躍をされている方です。

 

本業である歌舞伎を疎かにしないためか、海老蔵さんのドラマや映画の出演本数などは少ないものの、2003年には大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」の主役・宮本武蔵を演じるなど、印象深い活躍が続いています。

 

そんな海老蔵さんですが、2016年6月に、妻である小林麻央さんが末期の乳がんであることをカミングアウトしたことをきっかけに、国民的な注目を集めることになりました。麻央さんは、闘病の日々も虚しく、2017年6月に永眠されてしまいましたが、懸命に妻の闘病生活を支え続けていた海老蔵さんの姿は、日本中の感動を呼びました。

 

 

市川海老蔵の黒歴史?「灰皿テキーラ事件」って何?

 

次へ↓ ↓ ↓