世間を揺るがした小児愛凶悪殺人者、宮崎勤の家族のその後を調べてまとめてみました。

▼20世紀最大の凶悪犯

宮崎勤

出典image.space.rakuten.co.jp

宮崎勤

1962年8月21日 – 2008年6月17日

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の容疑者として逮捕、起訴され、死刑判決が確定し、刑死した人物である。

出典宮崎勤 – Wikipedia

 

この事件は、4歳から7歳という低い年齢の女児が被害者となり、犯行声明を新聞社に送り付ける・野焼きされた被害者の遺骨を遺族に送りつけるなどの、極めて異常な行動を犯人が取ったことから、欧米を中心に多発する児童への性的暴行を目的とした誘拐・殺害事件などとの比較も行われ、戦後日本犯罪史上にて初めてプロファイリングの導入が検討された。犠牲者数 4人。

2008年6月17日午前に東京拘置所で宮崎の死刑は執行された

出典宮崎勤 – Wikipedia

 

宮崎の口から遺族に対する謝罪、事件に関する反省の念が語られることはついに最期まで無いままであった。

宮崎の最後の言葉「あのビデオまだ途中なのに・・」

出典「死刑囚、最期の言葉」とその背景 | DDN JAPAN

 

これはかなり有名な話。宮崎は拘置所の独房でジブリアニメなどを好んで見ていたそう。

▼この事件の後、世間への影響がものすごかった

次へ↓ ↓ ↓