「消えた芸能人」扱いされることが多かった千堂あきほさんですが、実は、結婚を機に東京を離れて地方で活躍しています。

 

この記事では、千堂さんが東京を離れたきっかけや家族のことなども含め、地方へ移住して以降の千堂さんについてまとめてみました。

 

千堂あきほのプロフィール

 

出典:http://s.eximg.jp

名前:千堂あきほ(せんどう あきほ)
本名:先名晃穂(さきな あきほ)
出身地:兵庫県尼崎市
生年月日:1969年4月5日
身長:164cm
デビュー時期:1990年
最終学歴:宝塚北高等学校
所属事務所:サキナヤ

 

千堂あきほさんは、1990年代にドラマやCMなどで活躍をしていた芸能人です。「東京ラブストーリー」や「振り返れば奴がいる」など、当時流行していたトレンディ・ドラマの中でも代表的な作品に出演していたため、30~40代の方にとっては、特に印象に残っている女優だと言えます。

 

元々は歌手として、1990年1月にデビューしていた千堂さんですが、学園祭の女王などと呼ばれ、熱狂的なファンの獲得に成功した一方で、当時流行していたガールズポップの流れには乗ることが出来ず、ヒット曲を飛ばせないなまま、1994年に歌手活動を停止しています。

 

2000年に一般人の男性と結婚をしたことを機に、故郷である関西へと戻って以降の千堂さんは、「ちちんぷいぷい」などの情報番組でコメンテーターとして活躍するなど、東京にいた頃に比べて仕事の幅を広げることに成功しました。

千堂さんは、2011年に関西から北海道札幌市へ移住していますが、関西ローカルでの仕事は北海道移住後も継続しています。北海道でも「みんなのテレビ」などの情報番組で、コメンテーター業のレギュラーを獲得していますから、関東以外での千堂さんの活躍ぶりは、全盛期に引けを取らない状況だと言えます。

 

 

千堂あきほの旦那は一般人だったが今は芸能関係者?

 

次へ↓ ↓ ↓