吹石一恵と福山雅治の謎深き結婚生活とは?出産後3ヶ月で復帰も風当たりが厳しい?

 

吹石一恵の黒歴史とも呼ばれる「セピアの夏のフォトグラフ」とは?福山雅治との謎深き結婚生活

吹石一恵は歌がヘタ!?黒歴史とも呼ばれる「セピアの夏のフォトグラフ」

スタイル抜群で性格がいい女優と言われている上、夫が福山雅治と、何もかもが完璧に見える吹石一恵ですが、黒歴史と呼ばれる過去があります。吹石一恵は、14歳になる1996年頃から、今も所属している舞夢プロのアイドルグループ「魔女ランド倶楽部」のメンバーとして、関西を中心として活動していました。

1997年には、ゲームが実写化された映画「ときめきメモリアル」藤崎詩織役で女優デビュー。ローカルアイドルから、一気に全国区に知れ渡りました。「ときめきメモリアル」と言えば、恋愛シミュレーションの先駆けともなったゲーム。実写版では、ストーリーなどが大幅に改訂されて賛否両論が出ましたが、恋愛映画として見る分には好評だったようです。吹石一恵は、本作で女優デビューすると共に、主題歌「セピアの夏のフォトグラフ」で歌手デビューも果たしていますが、これが黒歴史を残すことに……。

当時の吹石一恵は、どちらかというと10代にしては大人っぽい雰囲気でした。しかし、ひとたび歌い出すと、まるで子供が歌っているかのような地声に近い元気な歌声で、見た目と声とのあまりのギャップに多くの人が驚くことに。2015年8月放送の「櫻井有吉のアブナイ夜会」で改めて取り上げられると、普段は温厚な吹石一恵もよほど触れられたくなかったのか、「バカじゃないの!?」「この番組最悪」と口にするほどでした。

吹石一恵と福山雅治との結婚生活は順調?別居報道は本当なのか?

 

 

次へ↓ ↓ ↓