電気ケトルとは?
やかん(薬缶、薬罐、薬鑵)は、湯沸かしに用いられる、主に土瓶形の道具である。
 
英語からケトル(Tea kettle)と呼ばれることもあり、底が丸いものを「やかん」、底の平らなものを「ケトル」と呼ぶこともあるが、両者は明確には分けられないとされる
b00olik7im_3

ヨーロッパで従来から使われていた電気ケトル (電気やかん) が2000年代後半ごろより日本に再上陸している。湯を沸かすという点では従来の電気ポットと変わりがないが、保温機能を省いてより強力な発熱に特化し、マグカップ数杯分程度の小容量の水をすぐに沸騰できるものを称して「電気ケトル」と呼んでいる場合が多い。当初はティファールが市場を独占していたが、2010年ごろより象印やパナソニックなどの国内企業も参入したほか、製造コストの低い中国製が多く出回っている。
 
電気ケトルの場合は、円筒形の背の高い本体側面に取っ手と注ぎ口が付き、底面はそのまま電熱器となっている。電気コードは差し込み式のものもあるが、コードを不意に引っ掛けてケトルを転倒させる事故を防ぐために、近年の製品では磁石を使ってコードを保持する製品が主流である。また、一部の海外商品およびその類似商品を子供が誤って転倒させた際に湯がこぼれて熱傷を負う事故が多発しており、問題となっている(日本製品の多くは倒させても湯がこぼれない様になっている)
 
wiki
 

非常に便利だが

↓↓ しかし使い方を間違えると大変なことに・・・ ↓↓